めまいナビゲーション
めまい・原因・吐き気・症状・ふらつき・頭痛・ めまいナビゲーション


  TOP > めまい一般向け

 

めまいに詳しい整体院 健療施術院

  1992年からの実績がある、めまいに詳しい整体院。回転性にも動揺性にも対応できる。
めまいに川崎の整体院 川崎整体健療院
  藤沢にある健療施術院の分院。めまいに非常に詳しい整体院
めまいに詳しい専門サイト めまい大辞典
  めまいの原因・症状・対策などを一般の方にも分かりやすくご説明しております。



めまいの種類

日本では、めまいに苦しんでいる方は多いです。 めまいというと、「ぐるぐる回るめまい(回転性のめまい)」を思い浮かべるかと思います。 そうです。まさにこれが「めまい」です。


でも、もう一つあります。問診中に

 

「めまいはありませんか?」というと、

「いえ。めまいではありませんが、なんか頭がふわっとするんです。」

 

実はこれもめまいの一種なのです。
回転するめまいではなく、ふわふわする感じのめまいを動揺性のめまいと言います。ふらつき感があるめまいのことですね。

 

・・・めまいは回転性と動揺性の2種類がある・・・

 
 
 
 
 

なぜ、めまいの出方に違いがあるかというと、めまいを起こしている発生部位が違うからです。

 


回転性のめまいは主に内耳(三半規管や耳石器といった平衡感覚に関わる場所)の障害が原因になります。
医師にメニエール病と診断された方や前庭神経炎と診断された方は、「ぐるぐる回るようなめまい」を感じたのではないでしょうか。

それは、これらが主に内耳に障害が生じているからです。

 

そして動揺性のめまいは、内耳で感じた平衡感覚を処理する脳幹と言われる脳の根元部分の障害が主な原因になります。
脳幹の障害といっても脳の機能が少し低下している程度でので、脳神経外科などで検査をしても「特に異状がありません」といわれる場合も多いのが現実です。
但し、脳腫瘍や脳梗塞・脳血栓などでもめまいがあり、これらは脳の中で発生するめまいです。
めまいの種類は、先ほどお伝えしたように「ふわふわするような動揺性めまい」が多くなります。

・・・回転性のめまいは内耳の問題、ふらつきのめまいは脳幹の問題・・・

 

 

こうしためまいの発生源の違いを頭に入れておけば、自分の体のどこが悪いのか、それがある程度特定できてしまいます。

 

その他、頭位性めまい、加齢、高血圧、低血圧、寝不足や疲労によるめまいがありますが、その殆どの発生源は脳や内耳に集中しています。
まず、それらの器管を解剖していきたいと思います。

 


ぐるぐる回る回転性のめまいの原因は内耳(青い部分の右隣)o ふらつきのめまいの原因は脳幹(赤い部分)
イラスト部分をクリックすると拡大図が出ます。  内耳解剖イラスト 脳幹解剖イラスト
    
 
 


めまいに関する解剖学

めまいに直接関連する器管としては、まずは内耳でしょう。
耳とは音を聞くための器管と思われがちですが、平衡感覚を感じる重要な働きもしているのです。

 
 

耳は外耳(耳の穴)から始まり、中耳、内耳と行き当たります。(上記イラスト参照)
この内耳が体のバランス(平衡感覚)を取る所になります。
有名なのが三半規管です。

三半規管の中にはリンパ液が満たされており、その液が移動することによって回転運動を立体的に感知できるのです。


三半規管につながり、頭の位置を感知するのが耳石器(前庭とも呼ばれる)です。
耳石器の中には苔のような神経があり、それが移動することにより頭がどちらに動いたか知る訳です。
この二つの器管が脳に直接つながっており、脳に体位の情報などを伝えています。

 


三半規管や耳石器などの器管は、あくまでも情報収集の器管です。
この各器官で集められた情報を処理するのが脳になります。

 


その脳に異常が有ると、体を平衡に保つことが困難になり、めまいを感じる訳ですね。
特に重要になるのが、脳の中心部にある脳幹といわれる部位に問題が生じるとめまいを感じます。
そして重要なのが、この脳幹は自律神経をコントロールしている脳でもあります。
めまいというと自律神経失調症を疑われる。その理由がここにある訳です。

 




めまいの原因

めまいの原因として圧倒的に多いのが、自律神経失調症によるものです。
また、めまいを発症するものとして、精神的なもの(心因性)が多くあります。

 
 

うつ病・うつ状態・パニック障害・不安障害などでもめまいを発症することが多いですが、これらの起因となるものがストレスや自律神経の乱れによるものなのです。
めまいとして最も有名なメニエール病も、やはり自律神経の乱れにより内耳のリンパ液が増えて発症するのです。

その他に多いのが循環障害です。肺から脳へ向かう血流が左右に分かれて首を通って行くのですが、高血圧や低血圧などにより血圧に左右差が出ると、脳内の血流に乱れが生じ、めまいを発症します。

 


この血流を調節しているのが自律神経の一つである交感神経なのです。
つまり、自律神経の乱れにより交感神経の働きが狂うと、その血流も乱れてしまう訳です。そしてめまいが起こるということです。


ふわふわしためまい(動揺性)などは、内耳からの信号を受ける脳、特に奥の奥、脳幹と呼ばれる部分での障害の場合が多くなります。
そして、この脳幹こそ自律神経を司る場所になるので、自律神経が乱れた場合、その影響を受けない訳がありません。

 


ストレスや睡眠不足、過度の疲労によって自律神経が乱れ、自律神経失調症になりめまいを起しますので注意したいところですね。



めまいの対策

先ほどお伝えした通り、めまい発症は自律心神経が大きく関わっています。
つまり、自律神経の乱れを正してやればいいのですが、これが簡単なようで難しいのです。
乱れる原因としては、疲労・睡眠不足・ストレスになります。

 

それも、“何とかは1日にしてならず”のように、日々の習慣によって自律神経を乱しめまいを悪化させてきたといえます。
とりあえず一番重要なのが規則正しい生活です。


早寝早起き、三度の食事。
体は規則正しい毎日を望みます。
その規則正しい生活をするだけで、かなりのストレス軽減になります。
しかしここにも落とし穴があります。


●早寝早起きの落とし穴

実は早寝が体にいいのは、体が健康に近い人だけです。
そのため、めまいが酷い方は早く寝る必要はありますが、早く起きる必要はありません。
お仕事が休みの日などはたっぷりと寝て下さい。
病気を治すには、寝る時間を増やすのが一番です。


●三度の食事の落とし穴
暴飲暴食は勿論NGです。
また、お腹が空いてもいないのに、時間だからといって食事をとるのは自律神経に負担をかけてしまいます。

 

一日に三度の食事が必要なのは、やはり健康な方だけです。
自律神経が乱れている方は、お腹がすいたら食事をとるようにしましょう。
一日に一回しかお腹が空かないようでしたら、食事は一回で十分です。
お腹が空かないということは、内臓が食事をする準備が出来ていないということです。無理やり食事をすると、内臓に負担がかかり、自律神経にも負担をかけることとなり、結果的にめまいが酷くなる可能性があります。

 

更に、元気が出るからといって甘いものを取るのも自律神経を乱してしまう元です。
そのため甘いものを控えることをお勧めします。 油物も少なめにした方がいいでしょう。 また、肉よりは魚、そして野菜を多く取ることも重要です。 血流などが改善され、循環障害が改善されめまいが起きにくくなります。 また血圧なども抑えられますので、めまいの予防にもなります。


その他、脳を興奮させるカフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、コーラ類など)は厳禁です。
交感神経を暴走させてしまう一方です。
交感神経が暴走すると血流が悪くなるし、脳が興奮しやすくなり眠れなくなります。
刺激の強い味付けも、やはり脳を興奮状態にさせてしまいます。
あとは、やっぱり休むことです。
休むといっても、体だけのことではありません。体と共に脳も休ませて下さい。


頭の中をリラックスさせることにより緊張が解け、乱れた自律神経などの機能が正常化します。
ゆったりとした音楽を聴いたり、公園などに軽めのウォーキングに出るのも有効です。


現代はファーストフードに代表されるように、ファーストライフになりがちです。
自分のペース、スローライフで、ストレスを溜めない生活を目指してみて下さい。
すると、めまいも少しずつ改善しやすくなります。



めまいが治らない場合

ご自分でめまいの対策しても治らない、病院で2〜3回検査をしてもらっても異常がないようでしたら、整体などを受けるのをお勧めします。

 

下記の治療院の整体には、自律神経を整えたり、脳幹や内耳の機能を正常化させる効果があります。

 


めまいに詳しい整体院 健療施術院

藤沢にある健療施術院の分院。めまいに非常に詳しい整体院

"));